流行 【アマデウスの唄 リチャードジノリ トラメ】 H4cm ソルト&ペッパー-その他

流行 【アマデウスの唄 リチャードジノリ トラメ】 H4cm ソルト&ペッパー-その他

love




サイズ:H4cm
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

声楽家 クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 金サイン・バックロゴ
ギリシャ神話や アマデゥス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。

お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

  18年前 ヨーロッパ最大のドイツの リチャードジノリ代理店が代理店契約終了に当たり 在庫の処理を巡り リチャードジノリ社とトラブっておりましたので アインが 40フィートコンテナ2本分の在庫を引き受けました。超一流店として アインに足らざるブランド洋食器300年の歴史と伝統を買いました。
以来 グッチジノリになるまで フィレンツェ本店から直接仕入れしておりました。

この珠玉の名作 新品は 世界広しと言えど お熟成アインにしかございません。
それではお熟成アインには何故あるのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。(主だったお店を調べましたが どうやら:稀有なこの珍品は 一般店では 取り扱いはもとより知られた形跡もないようです。) 売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

虎目石(タイガーズアイ)とは、金褐色に黒いスジのような縞模様シャトヤンシー効果(きらびやかな輝き)を持つ宝石である。宝石の中では比較的廉価で、半貴石に分類されるため、天然石として扱われる場合もある。産地は南アフリカ共和国、ナミビア、西オーストラリアなどである。

イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。
フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。
ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでも カオリンに恵まれず 4年で追放されました。フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。 次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。
侯は ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。
当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年ごろからリモージュのカオリンを 用いることで 完璧な白磁を完成させております。
1834年には スペイン王カルロ3世の カポデモンテ窯の 閉窯に際し モールド類を引き取り 以後 ジノリが カポデモンテを引き継いでおります。(カポディモンティ窯とジノリについては ジノリ社の主張に 俄かに信じ難きことあり もっと検証後に)1869年には リチャード社を 合併して 今の リチャードジノリ社になりました。特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して 新しい 芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。

流行 【アマデウスの唄 リチャードジノリ トラメ】 H4cm ソルト&ペッパー-その他

love